ドイツ車
スポンサードリンク

2007年04月05日

ポルシェ 959

外観からは911とさしたる違いを見せない959の名を呼び声高くしたのは、レースでの活躍と、時代の最先端と称しても差し支えない内容を持った技術的背景にある。 911と共通項を多く持っていそうなボディは、一つとしてパネルを共用しておらず、基本としてケブラー素材を使用した複合樹脂素材を採用し、フロントフードとドアパネルにはアルミ素材、バンパーは復元性に優れたポリウレタンを使い分けるなど、適材適所に材質を使い分けている辺りからして、相当の吟味を重ねたことは想像に難くない。

エンジンは、当時グループCカテゴリーで出走していた962Cのエンジンをデチューンし、ストリートユースに耐えられる改良を受けた935/82型で、ヘッドのみ水冷の半空冷式水平対向6気筒エンジンという、レース用であるがゆえの特殊な部分の面影をもつ。排気量は2850ccという中途半端な値だが、これも将来的に参加するレースのレギュレーションを睨んでのことだった。 特筆すべき点は、2基のKKK製ターボチャージャーをコンピュータによってシーケンシャル制御しているところにある。低・中回転時に一基のみタービンを回し、高回転に差しかかったところでツインターボ過給を行うようプログラムされている。これにより、低回転時の実用的なトルクと、回転数を上げた時の強烈なパンチを両立している。 このエンジンは最高出力450馬力、トルク50kg/mという、限定的とはいえ量産されたロードカーとしては驚異的に抜きん出た値である。そして、暴力的なパワーを伝えるパワートレインにも抜かりはない。

959には、画期的ともいえる四輪駆動 (4WD) システムが採用されていた。可変スプリット式と呼ばれる、前後の駆動力配分を全てコンピュータで自動調節し、加速、停止、コーナリング時、ステアリングコラムに設けられたレバースイッチにより、天候状態や路面状況により最適なモードを手動選択することができた。1989年に登場したスカイラインGT-Rの4WDシステムは959を手本にして開発されたと言われている。

これらが組み合わさった結果、公称300km/h以上を(場所さえ確保すれば)なんら問題なく達成し、その一方で日常的な足にもなる(930をベースとしているので後席あり)という、まったく正反対の二面性を持つ車となっている。

ちなみに、959はグループBの出走基準を満たすだけの台数しか生産されておらず、その生産数は200台とされ、特に販売開始当初は車両の機密保持の為もあってかポルシェ社の役員やその血縁者のみにしか販売されず、一般人が入手するのは困難であったとの噂もある。しかし、発売されたのが日本のバブル経済の真っ只中の時期という事もあり、相当数が日本国内に入ってきたとも言われ(現在と異なり正規販売ルートでの日本分の割り当てはほとんどなく、並行輸入品として)、実際に実業家や芸能人の中に所有する者もいた。

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7_959
posted by ドイツ車 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

メルセデス・ベンツ

乗用車としては高い安全性と先進性を兼ねそなえた高級車として知られ、日本をはじめ、アジア諸国やロシア、アメリカなど世界各国で社会的地位、成功のシンボルとして知られる。

その一方、欧米のメディアやマスコミにおいては、武器商人やビバリーヒルズの歯医者、セレブリティの所有車といった成金的なイメージとして表象されることも多く、日本でも暴力団や芸能、テレビ関係者、スポーツ選手等が好む車の代名詞として知られている。また、外交官向け販売を行っていることより、冷戦時代においては東側諸国の外交官の利用者も多く、その為「ペルソナ・ノン・グラータ向けの車」と揶揄されることも多い。

日本で販売されている車種の価格は、約250万円台(Aクラス) 〜 5,700万円台(SLRマクラーレン)であり、すべてのクラスにおいて、国産車で同じ排気量を持つ車種の1.5倍以上の価格設定である。

2006年の販売台数クラス別ランキングでは、1位はEクラス、2位はSクラス、3位はCクラス、4位はBクラスである。
1886年にドイツの技術者、カール・ベンツによって創設された世界最古の自動車メーカーの一つ。1920年代より、当時ヨーロッパで盛んになっていたモータースポーツに積極的に参戦し、数々の好成績を収めその名声を確固たるものにした。ゴットリープ・ダイムラーが、ベンツと殆ど同時期に創設したダイムラー社と合併したのは1926年である。


[編集] ナチスへの協力

ヒトラー専用車だったメルセデス・ベンツ770Kナチスの創設者でドイツの独裁者であったアドルフ・ヒトラーは、政権獲得後の1933年2月11日、国際ベルリンモーターショーにおける開会宣言で新時代の交通機関である自動車と自動車道路の建設に注目し、モータリゼーションの速度を速めることが国家の防衛力を高めることになると説いた。これ以降政府は自動車税の撤廃、アウトバーン建設、国有鉄道にトラック輸送部門の新設等の政策を打ち出した。

ナチス党は、党内に国家社会主義自動車隊(NSKK)を設け、運転技能者育成を始める。ベンツは運転教官の派遣、教習車の無償提供、国家社会主義ドイツ労働者党機関への役員の派遣等で積極的に対応して、国家社会主義ドイツ労働者党の強力なバックアップによりグランプリ・レース、ル・マン24時間レースやミッレミリアなどのレースで同じくバックアップを受けるアウトウニオンなどとともに活躍した。

また、1935年ドイツ再軍備宣言以降のドイツの軍備拡張を支える企業として、戦闘機のエンジンや軍用車両などの生産を行う。1939年9月に勃発した第二次世界大戦中は軍需生産に集中して、連合軍の爆撃の標的になるなどしてドイツの敗戦までの約6年間に壊滅的な損害を受ける。また、大戦中にユダヤ人や連合軍の捕虜を大量に強制労働者として使用した事から戦後多額の賠償を行うことになった。

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%84

posted by ドイツ車 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

BMW

BMWは「バイエルン原動機製造株式会社(Bayerische Motoren Werke AG)(バイエリッシェ・モトーレンヴェルケ・アーゲー。英称:Bavarian Motor Works バヴァーリアン・モーターワークス)」の略である。BMWは、メルセデス・ベンツ、アウディとならぶドイツ製高級車ブランドとして知られ、このほか現在は傘下に名声高い高級車ブランドの英国・ロールス・ロイスと、同じく英国の有名小型車ブランドMINIを持つ。

日本には現地法人として、千葉県千葉市美浜区(幕張新都心)に「ビー・エム・ダブリュー株式会社(BMW Japan)」を置く。

4輪車製造直後よりモータースポーツにも積極的で、現在もフォーミュラ1 (F1) にエンジンサプライヤーとして参加、2006年からはザウバー・チームを買収しBMWザウバーF1チームとして本格ワークス参戦している。

紛らわしい会社として、「EMW」がある。アイゼナッハ自動車株式会社の略。旧東ドイツの自動車製造会社で、旧東欧圏や北ヨーロッパにはよく輸出していた。

スポーティーな車を製造することには定評があり、良質なハンドリングへのこだわりから、現在では非常に少ない小型FR車を生産しつづけ、FF車を生産していない、世界的にも稀な自動車メーカーとなっている。とはいえ、過去にはFF車を開発(FRからFFに転換)しようと試みたこともあり、それらの技術を基にしたことで、ローバーおよびミニブランドの新型車が比較的容易に開発できたことは、暗黙の事実である。

また、丸目四灯式(そもそもは二灯式+補助灯)のヘッドライトと「キドニー・グリル」と呼ばれる、腎臓(kidney)のような形をしたグリルをもつフロントマスクが有名であり、BMW車の大きな特徴の一つとされている。キドニー・グリルは、1933年に発表されたBMW初のオリジナル車「BMW303」から、イセッタおよびその派生車であるBMW 700を除いた全てのモデルに取り付けられている。

現在はクリス・バングルというアメリカ人チーフデザイナーが初代X5シリーズ以降に発売された全ての新型車のエクステリアデザインを担当している。しかし、BMW初のSUV(→BMW自身はSAVという新ジャンルだと頑なに主張)であるX5では目立たなかったのものの、フォーマルサルーンの筆頭格である7シリーズの新型車のデザインが、あまりにも奇抜すぎていたため、「バングルは、BMWを潰すためにメルセデスが送り込んだスパイだ」などといった、根っからのBMWファンをはじめとする、多くの人々から批判が寄せられた。しかし最近では、彼のデザインは批判されるどころか、同業他社に広く模倣され、絶賛する人々も増えているようである。

出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/BMW

posted by ドイツ車 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記